BEPPIN-TEN > お知らせ > 仕事の準備は鞄選びから〈1〉

仕事の準備は鞄選びから〈1〉

先日のブログにてご紹介させていただいたように、只今Beppin-ten本店では社会人の方に向けたご提案としてビジネス対応のブリーフケースやトートバッグを1F入り口にてディスプレイさせていただいております。
3〜4月にかけては新年度、新生活の準備期間ということもあり展開以降、多くのお客様にご覧いただいております。
今回はディスプレイ中の商品詳細を〈1〉〈2〉の2つの記事に分けてご紹介させていただきたいと思います!!!

まずはラグジュアリーな気品と実用性を兼ね備えた製品で当店のお客様にもご愛用者の多いイタリア発ブランド“Felisi(フェリージ)”より、高品質なナイロンとして有名なリモンタ社製のナイロン“デイビス”とイタリア製のハリと強度のある牛革を組み合わせ仕立てた3wayバッグ&ブリーフケースです。まず3wayバッグですが、メインファスナーが180℃開閉する構造となっており、“ブリーフケース”“リュック”“ショルダーバッグ”、どの形態時でも荷物が取り出しやすいようにデザインされております。



前面のポケット部分はコンパクトなタブレットほどの大きさを収納できる様になっており、お荷物を用途に分けて収納できるようになっております。
また本体がナイロン製のため強度がありつつも鞄全体の重量が非常に軽く仕立てられている事も魅力的なポイントです◯



ブリーフケースでは厚みのある牛革で仕立てられたハンドルが肩にかけれる長さに調整され安定した使用感があり、鞄全体に施したレザーでのパイピング処理はナイロン製バッグにおこりやすい型くずれを防止するデザインとなっております。


ナイロン製のブリーフケースは地面と接地する底部からダメージを受けていくことも多いですが、こちらのブリーフケースはレザーでの補強に加え、四隅に鋲を取り付ける事で底部からのダメージを防ぎ鞄全体の強度をあげるようデザインされております。


また内部には仕切りが取り付けており、お荷物が乱雑になりにくく、すっきりと整理がしやすい構造となっております。



次に『革素材が持つ魅力と奥深さの追求』を源に多くのレザー製品を提案し続ける日本のバッグメーカー“INDEED(インディード)”より機能性とヌメ革本来の味わい深さを大切にデザインされた“JUSTY(ジャスティ)”シリーズの2wayブリーフケースです。


本体はA4サイズが余裕をもって収まるゆったりとしたサイズ感で仕立てており、稼働域を広く設定してあるファスナー部分、さらに両サイドに取り付けられたアクセスの良いあおりポケットなどシンプルなデザインの中に使う方への配慮が多く詰まった鞄となっております。


また天然成分100%のタンニンなめしで仕立てられたヌメ革は鮮やかなエイジングが特徴でもあり、経年変化をしていく中で少しずつ愛着を持っていただける素材となっております。


〈1〉ではシンプルな色・形・素材で仕立てられたビジネス対応の正統派バッグをご紹介させていただきました。
〈2〉では日本発の3ブランドより提案されている他ブランドにはないデザイン・パーツなどが盛り込まれた、ビジネス対応の個性派バッグをご紹介させていただきたいと思います。