BEPPIN-TEN > 取扱ブランド一覧 > master-piece/マスターピース : 斬新な色と素材のmix デイリーなファッションアイテムなのに機能的なbagたち master-piece / マスターピース

« ブランド一覧に戻る

master-piece

- マスターピース

斬新な色と素材のmix デイリーなファッションアイテムなのに機能的なbagたち

1994年に生まれたmaster-piece (マスターピース)は、日常使いに最適なファッション性と機能性を兼備したジャパンメイドのバッグブランド。
デザインのアイデンティティは、日本はもちろん海外でも広く評価され有名セレクトショップでの展開や数多くのデザイナー、
クリエイター、アーティストとの制作など、バックを中心としたコラボレーションアイテムにも定評がある。日常使いのためのファッションでありながら機能性はプロフェッショナルそれがmaster-piece

ありふれたファッション性…。 どこにでもある機能性…。
没個性的なバッグに右往左往してしまうのは、“日常”という、
ごく平凡な、でも大切な事が見失われているからではないでしょうか?
1994年に生まれたmaster-pieceはその“日常”で使う“目的”をファッション性をもたせながら、
ユーティリティーに溢れるデザインと機能性を高い次元で融合したバッグです。
国内外からセレクトした強度、撥水性、軽量性にこだわった機能素材やオリジナルのパーツを使用し、
異素材の組み合わせによる特徴のあるカラーリングをまとったmaster-pieceのバッグは、使えば使うほど
細かいディテールへのこだわりをきっと見つけることが出来るはずです。
また吟味されたセレクトショップとのコラボレートによるダブルネームでの商品も展開しています。
プロユースの機能性を持つデイリーユースなファッション性。
“日常”で使うからこそ、“目的”を明確にしたユーティリティーなカジュアルバッグ…
それがmaster-pieceです。

メイドインジャパンバッグブランドのmaster- piece(マスターピース)は、
メンズのバックがまだファッションとして確立されていなかった
1994 年にスタートしました。以後メンズカジュアルバッグをファッションの
ジャンルのひとつとして考え、時代のニーズと自分たちのアイデ
ンティティを持って数々のシリーズをリリースしてきました。
ブランド創立14 年目の2008 年、現在の深刻な日本の工場事情に一石を投じるべく
自社工場 BASE OSAKA(ベース オオサカ)を設立。
背景までみえるものづくりとファッションとのリンク、
そしてメイドインジャパンをブランドの誇りとして掲げているのには、
長年日本の工場、職人の問題に向き合ってきたmaster-piece ならではの理由があります。-master-piece webサイトより

— シリーズ・関連ブランド